美容液でスキンケア

スキンケアはお肌の手入れですが、この場合の肌は主に顔のことで、お化粧をするのではなく、肌に潤いとハリを持たせるためのケアのことです。肌に水分が少ないと表面の皮膚がかさついてしまい、シミやそばかすなどができやすくなりますし、顔全体がくすんで見えますから、そのような状態にならないように美容液でスキンケアをします。 美容液は基礎化粧品の部類に入りますが、保湿成分や美白成分という美容成分が濃縮されて配合されている液体のことで、通常はその美白成分の肌への吸収を高めるために、まず化粧水などで肌を整えてから、ファンデーションなどの油分を含む化粧品を使う前に美容液を肌に沁みこませる使い方をします。これがスキンケアですが、そのための美容液には様々な成分が含まれています。すなわち、ビタミンC、ビタミンE、アルブチン、レチノール、聞き慣れているヒアルロン酸やコラーゲン、さらにはハトムギや海藻のエキス、トラネキサム酸やエラスチンと言った成分が美容液には含まれています。ただし、これらの成分は一般的なもので、美容液の種類により含まれる成分は異なります。 美容液の役割は肌が必要としている有効成分を補うことですが、そのためには美容液の成分が皮膚の角質層の奥まで浸透する必要があります。したがって美容液の種類によってはナノカプセル化のものもありますが、これはカプセルが角質層ではじけてその中の美容成分を放出する仕組みになっています。 当サイトでは、スキンケアには必要不可欠な美容液について、その役割などを探ります。

 

【管理人推薦サイト】
オールインワンジェルという美容液や化粧水などが一つになっている便利な化粧品を紹介しているサイトです >>> オールインワンジェル